タビする女のハチミツ探し

いつも150%で生きてます。1人の女の子のタビするように生きる日常綴ります。

変わるコトの覚悟

 

 

これはあたしの人生の一部です。

 

 

 

 

 

2017/07/26

 

昨晩。

何ヶ月ぶりかに親と真剣に今後について話し合いをした。

退学、旅、そして夢について。

 

大学を退学することについて母親はもう大分諦めていて、夢を追えばいいと言ってくれていた。

 

だけど、父親は違った。

どうしても辞めるなと、そう言った内容に話を折り曲げる。

どれだけあたしが一生懸命想いを伝えてもこれっぽっちも響いてないようだった。

あたしはここ最近そんな頑なな父親に対して嫌気がさしていて、どこへ行くにも何をするにも話すのは母親だけにしていた。

 

父親に言えば頭ごなしに否定されて笑われる。

それが今のあたしには嫌で仕方なかった。

 

でも、昔も今も私は家族が大好きだ。

きっとこれからも大好きだろう。

 

だけど私は夢を追いかけたかった。

私の考えたワクワクしてキラキラしてるでっかい未来を歩きたいと心底思ってる。

そのためなら大好きな家族、彼氏。

みんなに背中を向けて駆け出す事も出来ると思った。

その先で自分が笑ってて、

ほら、幸せだよ。ってみんなに振り返ることが私が自由に生きる責任だって本気で考えて本気でそうゆう答えを出した。

 

だから大学を辞めるそうゆう選択をして、みんなにも声高らかにそれを公言した。

絶対に諦めない。

この夢を諦めないために、大学を辞めて追っかけてやろうって。

例えそれで親が親子の縁を切ると言っても構わない。

突き進んでやる。

そこまでの覚悟を決めたはずだった。

だから、このブログの一番初めの投稿にも大学辞めますって書いた。

いつかそれを後悔しそうになった時にこれだけの覚悟があったんだって思い出せるように。

 

でもその投稿から約2ヶ月後の昨日と今日。

 

その覚悟とやらはある一つの願いに揺さぶられている。

 

それは自己中なあたしが、今まで考えもしないことだった。

考えもしなかったし、そんなもの存在するとも思っていなかった。

 

『親の願い』

 

あたしは今まで何も言われなくても勉強したし、常に成績はよかった。

運動が苦手でもみんなより半年遅く入部した中学のソフトボール部では少し県内でも名のあるチームのレギュラーで副キャプテンをやっていた。

今思えば全部努力のたわものだった。

 

でもうちの親はそれをすごいねとぶっきらぼうには言ったものの、劇的に褒めてくれたりはしてくれなかった。

さも、まぁ。ちょっと頑張ったんじゃない?

そんなニュアンスだった。

 

だけど昨日父親は私に言った。

 

お前はずっと俺にとって自慢できる娘だった。

 

塾にもいかず、親に勉強を強いられた訳でもなく、自分の力で上智大学女子短期大学部に入学した私のことを

父親は私の知らないところで誇りに思ってくれていた。

 

それには母親も大きく頷いていた。

 

2人の願いはあたしが立派に大学を卒業すること

その一択だった。

 

あたしは自分の夢がさも立派じゃないと言われているようで悔しかった。

分からないくせに、理解しようともしてないくせに。

そんなに大学卒業した子が立派なのか?

やりたいことを本気でやってる奴は立派じゃないのか?

親の中に植え付けられた立派の価値観がもう既に私とは違うことは猿でもわかるレベルで理解していた。

 

でもそれと同時に生まれた感情がもう一つあった。

 

親の願いを叶えてあげたい。

 

でもそれは大学を卒業すること。

それはあたしが大口叩いてみんなに言った今やろうとしてることをかたっぱしから諦めて、やるかやらないか分からない あとで に持ち越して、自分の夢から一旦逃げるかのように自分の覚悟や気合いや熱を聞いてくれた人達に嘘をつくことになる。

 

 

欲張りなあたしにはどうすればいいのかもう分からなかった。

何を捨てて何を手に入れて、

誰の事を思えばいいのか。

 

泣くしかなった。

 

父親が言った。

 

お前が今思ってる事。コウタ君に言ってみろ。

コウタ君が一番頼れるんだろ?

 

あたしはその場で泣き崩れて

 

『....助けに来て。』

 

とコウタ君に電話をした。

 

5分もしないうちにバイクでコウタ君は駆けつけてくれた。

黙りこくって泣きじゃくるあたしのそばでずっと背中をさすってくれた。

 

前からずっとコウタ君はあたしに言っていた。

 

夢を追うなら逃げるな。

 

だから大学を辞める覚悟から逃げちゃいけないって本気で思ってた。

 

でも昨日のコウタ君は

 

お前にはお前に合ったのやり方がある。

欲張るなら欲張るなりのやり方でやれ。

 

そんなニュアンスのことを言ってた。

 

最後に決めるのは自分だけど....

 

って言葉付きで。

 

 

あたしに合ったやり方ってなんだ?

欲張れるやり方ってなんだ?

 

 

今朝。

おばぁちゃんからすごく久々に電話がきた。

小さい頃からあたしをお姫様みたいに育ててくれた人だ。

昨日の話で知ったことだが、大学の入学金はあたしが何かをしたいと思った時のためにおばぁちゃんが貯めてくれていた貯金だと父親に言われた。

だけど、おばぁちゃんには退学の話はまだしていなかった。

 

なんでこのタイミングで電話してくるんだよ、、、、。

 

何ヶ月ぶりかに聞くおばぁちゃんの声はいつもの元気な声を思い出させるのを拒むかのように弱ってた。

 

パパからも聞いてると思うけど、最近体調悪くてね。

大学頑張ってるかい?たまには顔を出しに来てね。

 

世の中はよくできてる。

 

あたしはおばぁちゃんの願いも叶えなきゃいけない。

おばぁちゃんの色んな願いを込めたお金で入学していること。

どうしてこのタイミングで知ってしまったんだろう。

なんでもっと早く教えてくれなかったんだろう。

 

親を思う気持ちと夢を追いたい気持ち

 

今じゃなきゃ嫌な理由を説明できない自分が悔しくて、あたしの見てるこのキラキラした世界を分かってもらえないのがもどかしくて。

どちらかを取ることは今の私には難しくて選べなかった。

 

でも少し糸口が見えた。

休学して、また来年の今頃親の願いを叶えてあげればいいんじゃないか?

 

そう思った。

 

でも大学を辞めると大口叩いた矢先、休学という選択ですらあたしにはなんだか腑に落ちなかった。

 

 

 

さっき、軽いノリでこのことをバイト先の店長に相談した。

二児の父でもある店長はいつもアルバイトの私達の相談も親身になって聞いてくれる。

 

店長からの返事はこうだった。

 

もうその選択って誰でもないおばぁちゃんが決めることなんじゃない?

 

背中に乗っかってた重たい何かが消えていくのを感じた。

 

なるほど。

 

おばぁちゃんの願いが父親と同じく私が大学を卒業することなら、休学をとる。

一方、私が私の望む方に幸せにやっていくのが願いなら、私は退学する。

 

この選択をおばぁちゃんの判断に委ねたのはきっと逃げではない。

逃げだという人がいたとしても

私は逃げではないと思ってる。

 

この選択はここまで愛してくれた両親とおばぁちゃんへのせめてもの親孝行になる。

そしてどちらになっても私が全力で全うすることは、私が自由を生きるための責任だ。

今までも自由を生きるための責任や覚悟は色々考えていた。

だけど、親孝行は正直あたしの盲点だった。

 

 

近いうちにおばぁちゃんに話しに行こう。

2017/08/28

 

 

あれから約一ヶ月がたった。

これから退学届を提出しに行く。

 

一ヶ月前のあの時程の辛さや苦しさはもう今はない。

退学が決定したのはあの話し合いをした日から少し経ってからだった。

 

あの後大学で退学届と休学届をもらったあたしはおばぁちゃんに会いに行った。

 

おばぁちゃんは痩せこけていた。

それでもあたしにこれが好きだもんねと言って痙攣の治らない手で冷し中華とポテトサラダを作ってくれた。

 

あたしはまず、写真を見せた。

旅の写真だ。

そして、楽しい思い出の話もした。

 

おばぁちゃんはびっくりしてた。

そんなところまで1人で行ったの?とかそんなことも出来るの?とか。

驚きながら感心してくれた。

 

だけどこのあと言わなきゃいけない。

退学のこと。

あたしは重い口を開いた。

 

あのさ、、大学の、、、、

 

退学したいんでしょう?

 

え。

先を越された。

そんな気はしてたとおばぁちゃんは言った。

 

そこから色々話しておばぁちゃんは目に涙を浮かべてこう言った。

 

親の願いより、自分のやりたいことをしなさい。

ババは卒業して欲しいけど、ババのために卒業するんじゃ意味がないから。

 

こんな返事が返ってくると思わなかった。

すごく複雑な気持ちになって、あたしはありがとうとただ下手くそに笑っておばぁちゃんの家を出た。

 

 

そこからはすごくカッコ悪かった。

結局自分では決められなくなってたまらなくなったあたしは、退学届と休学届の両方に名前を書いて両親に渡した。

 

あたしは 退学がしたい。

 

それだけを言って。

 

 

次の日の朝、部屋のドアの隙間から紙が差し込まれていた。

 

ハンコと親の同意サインがある退学届だった。

 

感謝と申し訳なさで溢れた涙を堪えてこの日、人生で最後の大学に向かった。

 

 

 

 

日常が変わるコト。

 

そして

 

日常を変えるコト。

 

 

 

この2つはすごく難しい。

 

だけど、一歩踏み出して新しく歩くこの日常は楽しくて仕方ない。

キラキラしてワクワクして、たくさん躓いてまた歩き出す。

その繰り返しが明日のあたしを今日のあたしより強くする。

 

 

その一歩に必要な覚悟は人それぞれだし、生半可なものではないと思う。

だけど、その覚悟を決めた今。

自分にできないことはないって確信してる。

 

良くも悪くも変わり続けるこの日常を全力で生き、そして愛すること。

 

それがこれからのあたしのやるべきことで、

 

覚悟だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HoneyHunt🍯フォトラベルfromタビイクカメラ部

 

 

こんにちわ!

更新サボり気味でごめんなさい🙇

 

今日は新企画用意しました!!

 

でんっ!

 

 

f:id:y-mr0830:20170731113210j:image

 

2つ目の企画はフォトラベルです。

 

フォトラベルってなーに?

って言われるとですね、

ただカメラが好きな人がカメラを好きな人とカメラを持ってわちゃわちゃ散歩旅するってだけの企画です笑

 

だから!!

 

カメラ友達が欲しい人!!

みんなでワイワイ写真撮ってみたいってひと!!

とりあえずココ▶︎https://goo.gl/forms/BJa1QBmcYoX9osVx2

から申し込んで下さい!笑

 

場所は大都会!若者の街渋谷でやります!

参加費はかかりませんので気軽に参加していただけます。

 

今回の企画は男女ともに参加OKです☺️💕

 

興味があれば是非来てみてね!😘

 

<イベント詳細>
【日時】8月11日(金)12:00-
【場所】渋谷駅前集合
【料金】FREE
※開催地は東京のみです

 

良くも悪くも

 

タビは人を変える

 

旅人と呼ばれる人たちは口を揃えてこういう。

 

タビをすれば人生が変わる。

タビをすればセカイが変わる。

 

それを受けた人々はこういう。

 

世界を見たからなんだ。

旅先で自分なんか転がっているわけがない。

 

旅人と呼ばれる人は一見一年中遊んでいる。

年中無休の遊ぶという仕事をしている。

 

 

よく、自分探しの旅に出るという人がいる。

旅人になったその人々の多くは本当にやりたいこと本当の自分が見つかったと言って帰ってくる。

 

でもあたしは思う。

でも別に本当にやりたいことや、本当の自分が海外に転がっていたのではないと。

 

じゃあ、なんで旅人はみんな口を揃えて同じことを言うんだ?

 

それはタビをしてみれば分かる。

タビというのは海外に行くことだけじゃない。

タビはもっと小さくてそして深い。

 

今のあたしじゃまだうまく言葉に出来ない。

あたしもまだタビを始めたばかり。

 

でもきっとこのブログを読んでもらえれば分かります。いつか。

私の思うタビとやらが。

 

 

世の中には頭のネジが軽く1000本くらい飛んでるような旅人が思ってる以上に沢山います。

 

少しでもタビとは何かを知りたい。

タビの世界を見てみたい。

そう思った人はまず、ちょっとヤバ目で最強なこの人のブログを見てみてください👉http://www.tabimarusho.com/

 

とっても頭が良くてとっても素敵でとってもぶっ飛んでる人です。

 

 

タビは人を変える

 

f:id:y-mr0830:20170728101350j:image

 

そう、きっと。

良くも悪くも。

 

 

 

 

 

HoneyHunt🍯タビ女子会 fromタビイク

 

 

こんにちわ。

今日はちゃんと1限に間に合うように起きれました☺️

 

今回の記事は、これまた新しいコンテンツです。

 

「HoneyHunt」

 

このタイトルの記事は私がやりたい女子イベントやプチ企画などの形で実現してみた!!

って言うのをレポートしたり宣伝したりします!!

 

では早速。記念すべき1つ目の企画!

 

f:id:y-mr0830:20170719143609j:image

 

ででん!!

 

ふふ☺️なんとあのオシャレの街下北沢でやっちゃいます!女子会❤️🙈

海外がスキ!旅シタイ!お酒片手に語りタイ!

そんな女の子求めてます!!!笑

 

スタッフは全員旅した経験のある女の子。

旅に対しての不安や悩み、サッと解消しちゃいます😝👌

お申し込みはコチラ▶︎https://goo.gl/forms/xd2MZlrIY4Utogc43

 

ここでこのブログを見てくれた人限定当日コンテンツをチラ見せっ!!

 

タビイク女子に聞いた!女の子の旅する不安ランキング!!

 

女の子なら誰でも感じる不安をランキングにしてクイズ形式で解消しちゃいます!

 

興味があれば是非来てみてね!💕

 

<イベント詳細>
【日時】8月3日(木)18:30-20:30
【場所】Cafe&Ber ethical
【料金】2,500円
【アクセス】下北沢駅から徒歩30秒
※開催地は東京のみです

 

 

降りしきるそれは神の涙

 

f:id:y-mr0830:20170718184930j:image 

 

 

こんにちわ。

耳の中にニキビができて痛いです、はっちです。

 

今日はあたしが嫌いなものNo.1、2、3には確実に入るであろう雨が降りました。

 

 

朝昨日喧嘩したまま寝てしまった彼氏の隣で目が覚めました。

昨日の喧嘩の内容はあたしが周りの空気を読めないこと。

昔から人付き合いはあんまり得意じゃなくて、いつも誰かをイラつかせては嫌な思いをさせてることが多いあたし。

 

彼氏はなんだかムカつくくらいにあたしをよく分かっていて、それであたしと正反対な性格で、いつも言い合いになってしまう。

 

いつもなら思いっきり言い返し反論するあたしだけど、1日12時間を超える長時間労働の三連勤明けだったのもあって

もうなんも反論する気力も起きなくて

 

昨日はただ今日のこの空みたいに

ゴロゴロと唸っては、ドシャンって怒ってただグタグタと涙を流したり止まったり。

あたしがそんな調子だったからきっと寝ちゃったんだね😓

 

でも朝になったら何事もなかったかのように準備してお互いの1日を始めることができました。

 

今日はバイト終わったらちゃんとごめんねのメールを送ろう。

 

 

次長く神奈川を出るのは九月。

それまで少し、彼の教えに従ってみようと思います。

 

 

 

誰かに愛されたいと喚くあたしを

愛してくれる彼の言葉が

 

少しだけ、心に重く響いたそんな夜。

 

 

 

 

タビアト👣野生児になるin梶子島

 

嫌いな雨が〜降ってきた〜。

梅雨ですね。ええ。

みなさん先週末はどうお過ごしでしたか?

7月1、2日ってすごい色んなイベントありましたよね!?

そしたらじっとしてられないのが私でして、今回は色々悩んだ挙句!

 

f:id:y-mr0830:20170704183844j:image

 

じゃんっ。

岡山県は梶子島!

無人島に行ってきました〜👏

 

そうです。無人島です。

ライフラインもない、食料もない、そう。無人島です。(しつこい)

 

でもちょっと整備されていたのでトイレと小さな山小屋はありました👍

f:id:y-mr0830:20170710020443j:image

 

女の子が戯れるくらいには大きかった笑

 

今回は京都大学のボランティアサークルPumpitさんの無人島企画PPAPにお邪魔したんです !

まず船に乗って無人島に向かったんですがそこからもう楽しかった。

f:id:y-mr0830:20170710020846j:image

 

足を外に放り出すようにして船の最先端でただただ歌っていました笑





船に乗ったあたし達一行は島に到ちゃーく!!
先に無人島開拓をしてくれていたPumpitのスタッフが島からお出迎えしてくれました。

スタッフの皆さんありがとう😭😭😭

さてさてここからは祭りの始まりです😜
島に降り立って早々始まったのは、ソンクラン祭!!

みんなで水をかけるかける笑
ソンクラン祭はタイ🇹🇭で行われるお祭りで、本場は街中で水を掛け合うんだそう!!

梅田の駅前のドンキで海パンを購入して履いて行ったのは正解だったようだ。笑
夏の暑い中誰もいない無人島だから、自分たちのはしゃぐ声しか聞こえないそんな空間はやっぱりどこか心が優しくなってワクワクした☺️

そしてお次はこれまたクレイジーな祭り!!
ホーリー祭!!!

毎年三月上旬にインドで行われるお祭りで、happyholly!って言いながら相手に色をつけてハグするんです😳
本場インドだとセクハラが多発するのでインドに住む旅人さんも女の子1人で行くお祭りではないと言っていました笑
が、来年あたしは参加します!!笑
ので、誰か一緒に行ってください!笑
絶対楽しいからね!!うん!絶対!!笑
なんてったってクレイジーな国インドで行われてるんですから笑

色をつけ合う女の子達が可愛い😍
思わずhappyhollyが聞こえてきそう、、、笑

そのあとは軽く水浴びしてサッパリしたあたし達👌

なんとこの水もPumpitのスタッフが引いてきたっていうんだから驚き!!
恐るべしPumpit、、、笑

みんなでバッタ捕まえながらカレーを食べてたくさん語って、さぁ夜が始まります😏💭

 


日も山の向こうにだんだんと落ちて語り合うあたし達の頭の上には気がつけば満天の星空が広がっていました。


満天の空に君の声が〜響いてもいいような綺麗な夜〜♪

そうそう、あたしは歌うのも好きなんです笑
野宿をする夜は星空を見上げて必ずこの曲を歌います。笑
RADWIMPSトレモロ、ぜひ聞いてみて下さい☺️

そうこうしているうちに向こうからスタッフさんがなんか持ってきた!!
ん??

え?絵の具??

筆とパレット、ブルーライトで照らすと光る絵の具のようなものが渡され

スタッフさん「これからfull moon partyしまーす!!」

なるほど。
full moon partyはタイのある島で行われるお祭りでみんな顔や体に絵を描いて、お酒を飲みながら踊り狂うお祭りです。←雑

ちなみにあたしはこんな顔になりました笑

素敵な絵もたくさんあった☺️
もちろんお酒と音楽もちゃんと準備されていて、テキーラを浴びてみたり、キャンプファイヤーを飛び越えてみたり、野生で生きるって素晴らしいね笑


みんなで囲む炎はとても暖かくて、歌いながら腕組みして大声張り上げて。
そこには時間なんてなくって、ただひたすらに生きてるってそれだけを感じる。
キャンプファイヤーっていつも思うんです。
きっとこうやってあたし達の心も燃えてるんだって。
大切な誰かが、手を取ってあたしの炎を囲んでくれている。
燃え続ける意志に寄り添ってくれているその誰かを、温めたいなって。

そしてこの日、燃え上がった炎は途中パラついた霧雨にも負けることなく
朝5時。
一晩中飲み続け、踊り続けた数人の手で鎮火しました。


騒ぎ尽くして寝たあたしはてっぺん近くにまで登ったお日様の光が暑くて目が覚めました笑

そこからもまたみんなでおしゃべりしたり歌ったり、ゆる〜い時間の流れる無人島。


なんて素敵なんでしょうね☺️

スタッフさん達が一生懸命何日もかけて作ってくれたこの会場も心地よくて、、、。
緑の中で生きるってやっぱり非日常を感じるにはとってもいいと思うんですよね。
リラックス効果があるのかな??笑


うん、Pumpit。
さすが京大。
敵いません。笑

こうしてまぁ何時間かグダグダしてとうとう船の時間がやってきました。

一人一人、この企画の代表に見送られ、船に乗り込みます。
ちょっと、寂しいような何か達成した後のような面白い気持ち😳💭



あっと言う間の2日間は無事何事もなく終わり、みんなで岡山に帰りました☺️


こうやって笑いあって過ごした仲間は、たとえ初めましてでも必ずまたどこかで繋がる。
これもあたしのちょっとした持論です。笑



たくさん寝て、たくさん食べて、たくさん笑う。
忙しい毎日の中であたし達が忘れてしまう小さな幸せを思い出させてくれるのがタビなんですよね。
きっと。



心のどっか奥深くに大声で叫びたい自分がいたら叫んでみるといい。
それが不満だろうと、告白だろうと、言葉ではない何かだろうと。
叫べばいい。

ちなみにあたしは島旅をすると必ず叫びます。笑





この日、出会った仲間がこんなにいました。
みんな年齢も、性別も、住んでる場所も違います。
だけど、またこうやって笑いあって大切な人がどんどん増えていく。
だからタビはやめられないね😜笑



終わりに!
たくさんの時間と労力をかけて、こんな最高の企画を立ててくれたPumpitのみなさん!!
会えてよかった。
本当にありがとうございました!

Pumpit。気になった方はぜひTwitterフォローしてみて下さい。
最高に面白くてあったかい団体です。
▶︎@Cambodia_egao


 

オンナゴト《くつろぐ時間》

 

 

こんばんに。

 

本日、朝活しました。

朝7時の下北沢、なかなかイケイケでした。

 

今日の投稿は先週金曜日友達と行ったみなとみらいのおしゃれなカフェ

chano-maについてお話しします。

 

 

そんでね、まずはタイトルなんだけど新タイトル「オンナゴト」これがついてる記事はあたしの日常で女の子してるなぁって思った出来事を書くときです📝

(どうでもいい)

 

はい、そんな感じの

誰得〜って話は置いといて、本題に戻るね。

 

だだんっ

f:id:y-mr0830:20170627064646j:image

 

お洒落やろ〜(*´꒳`*)

暗いバーカウンターの前にベットがずらっと並んでて、お洒落な洋楽をBGMにそこそこお高いディナーを食べる、、、、はぁ、女の子って素晴らしいね。

つくづく思うよ。

 

「あ〜っ、女に生まれて、良かったっ!」

 

ブルゾンちえみさんの気持ちが今なら分かります。

ちなみにあたしが食べた料理がこちらっ💁

f:id:y-mr0830:20170627064949j:image

 

若鶏の黒胡椒揚げ

 

f:id:y-mr0830:20170627065153j:image

 

オムライス

 

 

、、、おっと、ヨダレが。

これがねー、美味しいんですよね。

困るんだけど。

お金がない私は友達と2品を頼んでシェアして食べました。

本当に美味しいんだ。

 

f:id:y-mr0830:20170627065422j:image

 

ちなみに友達はキティ、あたしは抹茶ラテでお洒落に乾杯しました🥂

 

この日遊んだ友達は高校の時の友達で、そんなに特別仲が良かった訳でもないけど、卒業してからもお互いの近況報告とかちょっと相談したりとかそういう縁のある子で、やーっと予定があって約束とかしてなかったけど土壇場で遊ぶことが決まって、こんなお洒落なカフェで2人でゴロゴロしながらいわゆる女子トークというものをした訳ですよ😎

 

素敵やな〜女の子って素敵やな〜。

 

こうやってふ、とね。

女の子を感じられる瞬間をあたしは大切にしたいタチでして。

 

今日もそんなふ、を感じられた素敵な朝を過ごせました😊